BOT cafe

いいボットがいるボット
ボーットするボット
チコちゃんに叱られるボット
c0036012_11300409.gif

下落合本舗グループ(自称)
株式会社発明屋のカフェシステム
BOT cafe

[PR]
# by shimoochiai-hompo | 2018-12-18 11:31 | cafe botcom

背中角栄

背中かゆくないですか?
c0036012_23383939.png

産業交流展2018に出展します
情19-15
c0036012_20392250.jpg
[PR]
# by shimoochiai-hompo | 2018-11-12 23:39 | 下落合本舗関連

背中角栄

「背中がかゆうてたまらん」
 そんなあなたにお勧め
 背中をかくための日用品<第一弾>
 発明屋の「角栄定規」
 
c0036012_12284831.jpg

[PR]
# by shimoochiai-hompo | 2018-10-17 12:33 | 下落合本舗関連

自動車とコンピューティングシステム Automobile and Computing System

人の振り見て我が振り直せ!
(株)発明屋の「ロボットカー」
 特許番号:特許第6201102号
 特許掲載公報をみる→ CONCEPTS ENGIN , Patent field

【発明の名称】自動車とコンピューティングシステム AUTOMOBILE AND COMPUTING SYSTEM
【国際出願番号】 PCT/JP2015/80820
【優先日】2014年7月23日
【国際出願日】2015年7月22日
【国際公開番号】WO2016013574
【再公表番号】再表2016/013574
【米国出願番号】15328038
【米国公開番号】US2017213457 (A1)
 米国出願内容をみる→US2017213457A1(AUTOMOBILE AND COMPUTING SYSTEM )by Google
 国際公開公報をみる→WO2016013574A1(自動車とコンピューティングシステム)by Google
WO2016013574A1(AUTOMOBILE AND COMPUTING SYSTEM )by SUMOBRAIN
Espacenet

c0036012_12094735.gif

[概要]
 自車両の経験のみならず他車両の経験も活用して各車両の自動運転性能を向上させ得るシステムを提供する。
 自動車V1は、走行経路Rを走行した経験がない。自動車V2は、走行経路Rを走行した経験がある。自動車V2は、走行経路Rを走行した時に運転に関する各種データを取得し、当該各種データを自車両の記憶装置に記憶している。自動車V2は、当該記憶装置に記憶した当該各種データを含む情報を経験情報として自動車V1に提供する。自動車V1は、走行経路Rを走行した経験がないが、走行経路Rを走行した経験がある自動車V2の経験情報に基づいて自動運転制御を行うことにより、自動車V2と同等レベルの自動運転性能を発揮し得る。
[Abstract]
 Provided is a system whereby the self-driving capability of each vehicle can be improved by using not only the experience of a host vehicle but also the experience of another vehicle.
 An automobile V1 has no experience of having traveled on a travel route R. An automobile V2 has the experience of having traveled on the travel route R. The automobile V2 acquires various data pertaining to driving when traveling on the travel route R, and stores the various data in an onboard storage device. The automobile V2 provides information including the various data stored in the storage device to the automobile V1 as experience information. The automobile V1 can achieve self-driving capability at the same level as the automobile V2 by performing self-driving control on the basis of the experience information of the automobile V2, which has experience of having traveled on the travel route R.
【出願審査継続中】【前置登録査定】
 拒絶理由:進歩性(29条第2項),発明の明確性(36条6項2号)
 引用文献:特開2014-125196(
日産自動車) 頑張れ日産!

 関連出願:特願2015-196299(車両共用システム)
      特願2015-196298(道路交通システム)
      特願2015-205132(ロボットカー教習システム)
      特願2014-150003、特開2016-153247(クラウド運ちゃん)
 関連発明:ロボドライバー(RoboDriver)
 
 関連技術:運転者から運転を学び取って普通の自動車を自動運転車に育てるソフトウェア by Oxbotica

参考
米国出願(15328038)のクレーム
  1.A computing system that provides an automobile with an experience information of another vehicle, wherein the computing system provided with a server computer,
  said server computer comprising:
    an experience information receiving unit that receives the experience information of one or multiple vehicles and stores the experience information in an associated database:
    an optimized information generating unit that generates an optimized experience information, based on said experience information, and
    an experience information transmitting unit that transmits said optimized experience information to one or multiple vehicles,wherein said experience information received by said experience information receiving unit is the experience information associating a driving operation amount and a driving situation of each vehicle,
  said automobile, comprising:
    a receiving unit that receives an experience information of an another vehicle,
    an input unit that inputs information on a running situation of an own vehicle;and
    a control unit, wherein, said control unit analyzes the running situation of the own vehicle which constantly changes in real time, based on the information from said input unit, and performs driving support control or automatic driving control of the own vehicle, based on the result of the analysis and the experience information of the another vehicle as received by said receiving unit.
  wherein the experience information receiving unit and the optimized information generating unit are further configured to generate an input data set from the experience information and perform a machine leaning algorithm based upon the input data set to generate a learning result associated with said optimized information,
  wherein the control unit is further configured to perform a machine learning algorithm based upon data associated with the running situation of the own vehicle to generate a learning result based upon predictive analytics and the perform driving support control or the automatic driving control of the own vehicle based upon the learning result,
  where the control unit performs driving support by adjusting a propulsive force of the own vehicle ,a braking force of the own vehicle ,or a steering angle of the own vehicle.
2. 省略

「RoboDriver」は株式会社発明屋の登録商標です。
 「クラウド運ちゃん」は株式会社発明屋の登録商標です。

詳細については個別に対応させていただきます。

(株)発明屋に問い合わせる→MAIL


(株)発明屋は中野で唯一の発明専門商店です。

[PR]
# by shimoochiai-hompo | 2018-05-18 12:02 | ロボットカー Robot car

INAIR M360 M360bt


日本発祥!世界初! イントラコンカ型でもカナル型でもない不思議なイヤホン("イヤスピーカー")
・製品ホームページ http://inair-audio.com/
 メールアドレスを登録いただきますと最速で数量限定、有料割引プランをご案内致します  

注)実際の着用状態において、ドライバユニットは耳(外耳道)の中に完全には入りません。ドライバユニットの放音部が外耳道内の入口付近に配置されます。
[PR]
# by shimoochiai-hompo | 2018-04-20 10:34 | INAIR

INAIR M360

c0036012_12305128.png









c0036012_11201585.jpg



















4月中頃、クラウドファンディング開始予定です

クラウドファンディング開始前に試聴会が開催されます

Bluetoothモデルもあります

  


世界初! 
イントラコンカ型でもカナル型でもない
不思議なイヤホン("イヤスピーカー")


・不思議その一("AIR TUBE" woofer technology)
 頭の中に大きなスピーカーが入っているような
 不思議な感覚

 仕組み概要:
 ドライバユニットは、音響ユニットの先端部に収容されている
 音響ユニットの先端部には、球形のキャップが装着されている
 キャップは通気性の高い柔軟なスポンジでできている
 音響ユニットとキャップとの間には、エアーチューブが存在する
 エアーチューブは、軟らかいシリコーンゴムでできている
 エアーチューブは、音響ユニットとキャップとの間に空気室を形成する
 空気室の空気は、ドライバユニットから放たれる音に共振する(パッシブ音響ラジエータ機能)
 パッシブ音響ラジエータ機能により中低音域の音が増強される
 内部の空気振動に伴い、エアーチューブ自体が振動する
 エアーチューブの振動は、キャップを通じて外耳道の内壁に伝わる
 

・不思議その二("AIR CUSHION" technology)
 ずっと着けていても痛くなりにくい
 心地よい
 不思議な着け心地
 
 仕組み概要:
 スポンジ製のキャップは通気性を確保する
 エアーチューブは、クッションの役割も果たす(エアークッション)
 通気性のある柔軟なキャップとエアークッションとの相乗作用により
 新感覚の心地よい装着感が得られる


・特許出願中
 特願2017-113042
 特願2017-218667
 特願2018-046076
 PCT/JP2018/ 13984


・発明者
 佐川大介
  炎のスピーカー職人


・特許出願人
 株式会社発明屋
  中野で唯一の発明専門店(自称下落合本舗グループ店)
  Xビジネス協議会メンバー

・実施許諾の用意 あり
 INAIR方式採用の音響装置を世界に広めていただける仲間を募集しています
 

・INAIRに関する知財関連のご相談
 株式会社発明屋が承ります
 担当
 佐藤謙治 sato@hatsumeiya.co.jp
  下落合本舗系妄想インベンタ-


・製品ホームページ http://inair-audio.com/
 メールアドレスを登録いただきますと最速で数量限定、有料割引プランをご案内致します
 
 
  


[PR]
# by shimoochiai-hompo | 2018-04-01 12:44 | INAIR

INAIR Model N

中野モデル

耳に触れる部分は化粧パフの素材でできていて

心地よい肌触り

ずっと着けていても痛くならない

形はドングリのようにコロンとしていて

とてもカワイイ

ソンナイヤホンニワタシハナリタイ

c0036012_15253133.jpg
c0036012_15251623.jpg
c0036012_15240188.jpg


特許出願日:2017年12月13日



[PR]
# by shimoochiai-hompo | 2018-01-15 15:39 | INAIR

TOKYO INTERNATIONAL INDUSTRY EXHIBITION 2017

"INAIR"
Completely new type earphone
Adopted in-air ergonomics method
Goodbye touch noise!
by
&COLOR Inc.
c0036012_00284333.jpg

"SoundPlug"

Communication tool
for people working in the intense noise environment

Protect hearing organs
Possible to hear fellow voice
by
DKSH Japan K.K

c0036012_11281636.jpg




株式会社発明屋は、2017年11月15日(水)~17日(金)に東京ビッグサイトで開催される産業交流展2017に出展します。

Hatsumeiya Co., Ltd. will exhibit at Tokyo International Industry Exhibition 2017 to be held at Tokyo Big Sight from Wednesday, 15th November to Friday, 17th November 2017.
外耳道を密閉するタイプ(SoundPlug)と外耳道を密閉しないタイプ(INAIR)の二種類のイヤホンを展示します。
Two types of earphones are displayed at our booth. One is a type that seals the ear canal ("SoundPlug"), the other is a type that does not seal the ear canal ("INAIR").

【関連記事】
SoundPlug(DKSH株式会社)
&COLOR(アンドカラー合同会社)
騒音障害防止のためのガイドライン(厚生労働省)


[PR]
# by shimoochiai-hompo | 2017-11-02 15:40 | サウンドプラグ

発明系(医療発明バージョン)

(株)発明屋「発明系」
"Invention system" by Hatsumeiya Co., Ltd.

コンピュータと一緒にガンガン発明しちゃいましょう!
Let's invent many things on the computer !

特許を受ける権利をお譲りします。
I would like to transfer the right to obtain the patent of this invention, to anyone who wishes to obtain the patent of this invention.

【出願番号】特願2017-73337(P2017-73337)
【出願日】平成29年4月1日(2017.4.1)
【優先権主張番号】特願2016-74455(P2016-74455)
【優先日】平成28年4月1日(2016.4.1)

【要約】Abstract
【課題】機械的に創作しうる水準の医薬発明の特許化を阻止し、或いは、機械的に創作しうる水準の医薬発明について与えられた特許を事実上無効化することにより、医薬分野の技術の進歩及び医薬発明の実施を促進する。
PROBLEM TO BE SOLVED BY THE INVENTION:By inhibiting the patenting of a pharmaceutical invention at a level that can be mechanically created, or effectively invalidating a given patent for a pharmaceutical invention at a level that can be mechanically created, And promote the implementation of pharmaceutical inventions.
【解決手段】発明マシン11は、医薬発明が記載された内容の異なる非常に多数の発明文書Dを次々と自動生成する。発明公開サーバ12は、それら非常に多数の発明文書Dをインターネット14上に次々と公開する。クライアントマシン13のユーザ(公衆)がインターネット14上に公開された非常に多数の発明文書にアクセスしうる状況が作り出される。発明文書に記載された医薬発明は新規性を喪失する。その後にそれらの医薬発明についてなされた特許出願は拒絶される。当該出願に係る医薬発明が特許されたとしても、当該特許は無効理由を有することになる。
SOLUTION: The invention machine 11 automatically creates a very large number of inventive documents D having different contents in which pharmaceutical inventions are described one by one. The invention publication server 12 sequentially exposes such a large number of invention documents D on the Internet 14. A situation is created in which the user (public) of the client machine 13 can access a very large number of inventive documents published on the Internet 14. The pharmaceutical invention described in the invention document loses novelty. The patent application made on those medicinal inventions thereafter is rejected. Even if the pharmaceutical invention according to the application is patented, the patent will have invalid reasons.
c0036012_1726688.gif
c0036012_1748813.gif

【関連記事】
「医薬発明」の審査基準(PDF)
IT創薬(富士通)
IT創薬コンテスト (IPAB)

[PR]
# by shimoochiai-hompo | 2017-10-12 16:13 | 知能増幅

緑豚についての蘊蓄

 現状の畜産事情では、美味しい豚肉を効率よく生産するために、複数の品種の交配を行ない雑種化を進めるのが最良の方法とされています。

 黄豚と青豚を交配させて生まれた緑豚は、二元交配と呼ばれますし、この緑豚に白豚を交配させた場合は三元交配となり、両親の平均値を超えた市場価値のある薄緑豚になります。まるで光の三原色の関係か絵の具の混ぜ合わせのようですね。

 通常は、このようにして作り出された三元交配の薄緑豚が、丈夫で発育が早く子豚の生産能力も高い種豚として肥育され、出荷されます。この豚は、緑豚特有の緑臭さ(青汁を牛乳で割ったような臭い)が和らげられ、大変美味な肉質をもちます。

 薄々お気づきでしょうが、薄緑豚に白豚を交配させて生まれた四元交配の豚は薄々緑豚になります。

 ところで、緑豚の料理法ですが、下関では豚刺料理が有名です。江戸時代に馬関(現在の下関市)を訪れた水戸藩の浪人が、河(友田川:下関市安岡町を流れる小さな川)にいた豚を河豚(ふぐ)と勘違いして刺身で食べたのが豚刺料理の起源といわれています。桜田門外の変か何かがあったためによっぽど気が動転していたのでしょう。

 下関の豚刺は、河豚刺のように、安岡産の小ネギと紅葉おろしとだいだい酢とを加えた醤油をつけて食すのが本来の食べ方ですが、豚を生で食べるのは気持ち悪いということで、せっかくの刺身をしゃぶしゃぶにして食べる人がほとんどです。

 緑豚は動物でありながら、植物のように葉緑素を多く含んでいます。葉緑素による強い自己殺菌機能を持っているので、生で食べても安心ですが、食べ過ぎは要注意です。葉緑素の取り過ぎによる緑変症のおそれがあります。緑変症とは、顔色が緑色ぽくなる症状です。健康上の問題は全くなく、むしろ植物のように顔で光合成を行って血液中に酸素を取り込むことができるようになるため、マラソン選手やサッカー選手など酸素消費量の多いスポーツ選手にはうってつけなのですが、なにしろ顔が緑になるので病人と間違えられてしまいます。

 余談ですが、黒豚は、純粋なバークシャー種同士の交配によって生まれた豚です。この豚は、基本的に皮膚の色が黒いことから黒豚と呼ばれ、鹿児島県のブランド品になっています。しかし現状では、バークシャーと、その他の品種の交配によって生産された豚肉と、純粋な黒豚であるバークシャー種のみから生産された豚肉の見分けがつかなくなってしまった感があります。

有色頁を見る→蘊蓄
c0036012_18184797.jpg

[PR]
# by shimoochiai-hompo | 2017-10-03 12:26 | 下落合本舗関連