ナタデココの正しい利用法

ナタデココ製ウオーターベッドで蛋白質はふわふわ楽ちん

(株)発明屋プロテインチップ
特許権をお譲りします。

特許番号:特許第5334006号
公開番号:2004-271540
出願番号:2004-197739

【要約】
【課題】超分子ヒドロゲル化剤等の人工合成剤を使用することなく、タンパク質をその活性を保った状態で基板上に固定できるプロテインチップ技術を提供する
【解決手段】(1)ガラス基板1を洗浄して不純物を除去する。(2)バクテリアセルロース(BC)のシート2sをガラス基板1の表面に貼り付けることにより、BC層2をガラス基板1上に形成する。(3)BC層2を、レーザビーム4で細かく縦横に切断することにより、マトリクス状に並んだアレイ要素3aからなるBC3に加工する。(4)レーザビーム照射によって発生した塵を除去する。(5)BC3の湿度調節を行う。(6)タンパク質を含む水溶液6を湿度調整した各アレイ要素3aに滴下する。(7)タンパク質を含む水溶液6を含浸したBCからなる多数のプローブセル3pをガラス基板1上にマトリクス状に配置して固定してなるプロテインチップが製造される。BCとしてナタデココを使用する。
 詳しくは公開公報をご覧ください。→特許掲載公報
c0036012_14581977.gif
[PR]
# by shimoochiai-hompo | 2014-02-02 16:04 | プロテインチップ

SoundPlug

c0036012_1817199.jpg

(株)発明屋「耳栓」<特許出願中>
防音保護具である『耳栓』と通信機器(無線機など)とのコラボレーション
『サウンドプラグ』は作業現場での騒音による障害を防ぎ、快適な通信環境を提供致します。
開発パートナー募集中。
特許を受ける権利をお譲りします。
c0036012_18151180.jpg

【説明】
 この耳栓(サウンドプラグ)21は外耳道に挿入される遮音性の柔軟な耳栓体22と、耳栓体22の反挿入側端部22aに設けられた定形のキャップ体23とを有する。キャップ体23は骨伝導スピーカ24の振動出力面24aと接触して振動を受ける受振面23aを有する。振動出力面24aは凹球面であり、受振面23aは凸球面である。上記の例では、振動出力面24aの曲率半径R2が受振面23aの曲率半径R1よりも大、すなわちR2>R1であるが、R2=R1としてもよい。
 硬質の部材からなる骨伝導スピーカ24R、24Lの振動出力面24aと耳栓体22よりも硬質の部材であるキャップ体23とを互いに当接させることによって振動出力面24aの振動を耳栓21に伝達するので、両者間の振動伝達効率は、軟質材のみからなる従来の耳栓と骨伝導スピーカ間における振動の伝達効率と比較して格段と高くなる。振動出力面24aはキャップ体23の受振面23aに強く圧接している必要はなく、接触していればよい。
 左右の外耳道に耳栓21R、21Lを装着した状態で、耳栓体22の反挿入側端部22aに設けられたキャップ体23の受振面(曲率が等方的に一定の凸曲面)23aにイヤホン11の左右の骨伝導スピーカ24R、24Lの振動出力面(曲率が等方的に一定の凹曲面)24aの一部を当接させた状態で使用するように構成されているので、耳栓体22に対して骨伝導スピーカ24R、24Lが傾いた姿勢(図(B)参照)になっても、従来のような接触不良の状態にはならず、骨伝導スピーカ24R、24Lの振動が常に高効率に耳栓21R、21Lに伝達される。したがって、常に良好な聴取性能を発揮し得る。
 耳栓体22として、遮音値(NRR)が20dB以上(好ましくは30dB以上)の遮音性の高い市販の耳栓を使用することが望ましい。長年の使用実績により遮音性・安全性が確認されている市販の耳栓の一端にキャップ体23を被せて接着することにより、当該耳栓の持つ高い遮音性・安全性をそのまま生かしつつ、本発明の耳栓21を実現できる。



「発明屋」は株式会社発明屋の登録商標です。
「Sound Plug」は株式会社発明屋の登録商標です。
[PR]
# by shimoochiai-hompo | 2012-02-12 21:20 | サウンドプラグ

SoundPlug

c0036012_1817199.jpg

(株)発明屋「耳栓」<特許出願中>
防音保護具である『耳栓』と通信機器(無線機など)とのコラボレーション
『サウンドプラグ』は作業現場での騒音による障害を防ぎ、快適な通信環境を提供致します。
開発パートナー募集中。
特許を受ける権利をお譲りします。
サウンドプラグが福島第一原発で採用されました!


c0036012_2136659.jpg

【説明】
 遮音性の耳栓を外耳道に挿入した状態で常に良好な聴取性能を発揮し得る音響装置を提供する。左右の外耳道H(R,L)に耳栓21R、21Lを装着した状態で、耳栓体22の反挿入側端面22bから突出した振動体23の突端部に装着体11の左右の接触部24R、24Lの接触面24aの一部を当接させた状態で使用する。耳栓体22の反挿入側端面22bに対して接触部24R、24Lの接触面24aが傾いた姿勢になっても、接触部24R、24Lの振動が高効率で耳栓21R、21H(L)に伝達される。接触面24aは、凹球面であることが望ましい。(PCT/JP2009/053151)




「発明屋」は株式会社発明屋の登録商標です。
「Sound Plug」は株式会社発明屋の登録商標です。

patentoffice.jp
日本の特許事務所


株式会社大東
工具箱.com
[PR]
# by shimoochiai-hompo | 2010-07-17 21:34 | サウンドプラグ

SoundPlug

c0036012_1817199.jpg

(株)発明屋「耳栓」<特許取得>
防音保護具である『耳栓』と通信機器(無線機など)とのコラボレーション
『サウンドプラグ』は作業現場での騒音による障害を防ぎ、快適な通信環境を提供致します。
開発パートナー募集中。
特許権をお譲りします。
c0036012_1905380.jpg

【説明】
 この耳栓(サウンドプラグ)1は外耳道に挿入される遮音性の柔軟な耳栓体1Bと、耳栓体1Bの反挿入側端部に設けられた定形のキャップ体1Aとを有する。キャップ体1Aには、円柱形の突起部5が形成され、骨伝導スピーカ2には、突起部5に係脱自在に嵌合する環状の嵌合部6が形成されている。
 硬質の部材からなる骨伝導スピーカ2の嵌合部6と耳栓体1Bよりも硬質の部材であるキャップ体1Aとを互いに当接させることによって骨伝導スピーカ2のの振動を耳栓1に伝達するので、両者間の振動伝達効率は、軟質材のみからなる従来の耳栓と骨伝導スピーカ間における振動の伝達効率と比較して格段と高くなる。
 耳栓体1Bとして、遮音値(NRR)が20dB以上(好ましくは30dB以上)の遮音性の高い市販の耳栓を使用することが望ましい。長年の使用実績により遮音性・安全性が確認されている市販の耳栓の一端にキャップ体1Aを接着することにより、当該耳栓の持つ高い遮音性・安全性をそのまま生かしつつ、本発明の耳栓1を実現できる。(PCT/JP2009/058322)(参考:特願2010-28582(特願2010-504326からの分割出願))

DKSH2016安全衛生保護具カタログ

「発明屋」は株式会社発明屋の登録商標です。
「Sound Plug」は株式会社発明屋の登録商標です。
[PR]
# by shimoochiai-hompo | 2010-07-17 19:01 | サウンドプラグ

SoundPlug

c0036012_15485447.jpg

(株)発明屋「耳栓」<特許取得>特許第4513040号
防音保護具である『耳栓』と通信機器(無線機など)とのコラボレーション
『サウンドプラグ』は作業現場での騒音による障害を防ぎ、快適な通信環境を提供致します。
DKSHジャパン株式会社から発売!

●耳栓本体には「Matrix TM (マトリックス)」を使用
●高遮音性能で耳にソフトフィット
●丸める必要がなくそのまま装着できるため、汚れることなく衛生的
●繰り返し装着可能、 長期間使用できて経済的
●耳栓頭部にキャップが付き、装着が簡単

福島第一原子力発電所で採用されました!

SoundPlugホームページ→sound-plug.com
日経ビジネス2009年10月5日発売40周年記念号・記事「にっぽん力」→日本発 会話できる耳せん。
原田産業株式会社の安全保護資材→HARADA
騒音性難聴の認定基準→基発第149号 昭和61年3月18日
騒音障害防止のためのガイドライン→平成4年労働省令第24号


          サウンドプラグ
c0036012_13513193.jpg

          ヘッドセット
c0036012_13505481.jpg

          マイク
c0036012_13511277.jpg


          装着例
c0036012_13514433.jpg

「発明屋」は株式会社発明屋の登録商標です。
「Sound Plug」は株式会社発明屋の登録商標です。

patentoffice.jp
日本の特許事務所


工具箱.com
[PR]
# by shimoochiai-hompo | 2009-09-12 13:52 | サウンドプラグ

広告システム

特許取得!
(株)発明屋「広告システム」 特許第4281024号

それは 「耳栓」Sound Plug (登録商標))を利用した広告システム



日本シイベルヘグナーによる耳の総合情報サイト→33sen(耳せん).com
世界最大の保護具メーカ スペリアンのサイト→SPERIAN
耳栓メーカ ハワードライトのサイト→HOWARDLEIGHT by SPERIAN

耳栓ショップ:mimisen.jp3MANZEN MALL

「発明屋」は株式会社発明屋の登録商標です。
「Sound Plug」は株式会社発明屋の登録商標です。
[PR]
# by shimoochiai-hompo | 2009-04-12 19:19 | サウンドプラグ

剛速球投手育成グローブ

 侍ジャパン WBC優勝!

野村のぼやき。
古田のリード。
でおなじみ!? 全然なじんでない?   やっぱり もう古い?

でも
好い球投げたらほめてくれるよ。

(有)ハイパークリエイター
「剛速球投手育成グローブ」  説明c0036012_1324328.jpg

“ザ!世界仰天ニュース”(日本テレビ)より出演依頼がありました。

でも、まだ試作品もできていないので、断ってしまいました。

「剛速球投手育成グローブ」を商品化しましょう。

協力していただけるメーカを募集しています。。

特許権をお譲りします。



姉妹品:
剛速球投手育成マシーン 壁あて式
光るキャッチャーマスク
プロモーションゲーム:『史上最強の球団』
[PR]
# by shimoochiai-hompo | 2009-03-21 11:55 | (有)ハイパークリエイター

FLEPia

<<電子ペーパ応用技術>>
富士通フロンテックのカラー電子ペーパー携帯端末 FLEPia、一般販売開始
→ギャラリー: FLEPia
c0036012_1056513.jpg

★これは発明屋の発明ではありません。


.............................................................
(株)発明屋「電子ペーパ」
開発パートナー募集中。
特許を受ける権利等譲渡可。気泡シート型電子ペーパ
公開公報はこちら→特開2007-179079 
PCT出願済み。

「発明屋」は株式会社発明屋の登録商標です。
[PR]
# by shimoochiai-hompo | 2009-03-21 10:57 | 新型表示デバイス

「ブラザー ドキュメント ビューワ SV-100B」

<<電子ペーパ応用技術>>
A4サイズ10,000枚分*1の情報を携帯!
「ブラザー ドキュメント ビューワ SV-100B」新発売
~大量の情報を安全かつ手軽に持ち運ぶ、環境にやさしいビジネスツールが誕生~
brothre
c0036012_1564319.jpg

★これは発明屋の発明ではありません。


.............................................................
(株)発明屋「電子ペーパ」
開発パートナー募集中。
特許を受ける権利等、無償譲渡可!本気度を見せてくれ!気泡シート型電子ペーパ
公開公報はこちら→特開2007-179079 
PCT出願済み。

「発明屋」は株式会社発明屋の登録商標です。
[PR]
# by shimoochiai-hompo | 2009-03-16 14:53 | 新型表示デバイス

USBメモリーストラップ

浜崎あゆみ、日本人初のUSBメモリーによるアルバム発売
c0036012_222316.jpg



(株)発明屋「メモリーストラップ」
c0036012_1532240.gif
[PR]
# by shimoochiai-hompo | 2009-03-15 22:15 | メモリーストラップ