「ほっ」と。キャンペーン

生物由来の素材を用いた液晶デバイス、フレキシブル透明基板およびカーボンナノチューブ保持体

新発売!
発明屋のカーボンナノチューブ保持体 
特許を受ける権利をお譲りします。
希望価格:50万円以上


特開2005-326825号
【要約】
【課題】フレキシブルな光スイッチ、表示デバイスなどを提供する。
【解決手段】ホヤセルロースを含むセルロースシートを、透明電極が形成されたフレキシブルな透明ポリマーフィルムで挟んだ後、セルロースシートに液晶を含浸させ、それを偏光子で挟む。透明ポリマーフィルムもホヤセルロース由来のファイバーを含有している。セルロースシートまたは透明ポリマーフィルムの材料として、ホヤセルロースとバクテリアセルロース(ナタデココなど)との混合材料、さらには植物由来の微細繊維状セルロースやトロロアオイ由来の多糖、ノリウツギ由来の多糖を含む混合材料を用いてもよい。
 詳しくは公開公報をご覧ください。→公開公報c0036012_1436273.gif
[PR]
by shimoochiai-hompo | 2006-01-25 13:59 | CNT保持体
<< 情報貸金庫システム 蛍光電子ペーパ >>