蛍光電子ペーパ

特許を受ける権利をお譲りします。
希望価格:98万円以上

特開2006-003924号
【要約】
【課題】照明光が微弱な場所あるいは暗所でも視認可能な表示を行うことができる電子ペーパを提供する。
【解決手段】各画素球110の向きを電界により制御することにより、任意の画像を表示できるようにした電子ペーパにおいて、各画素球110の黒と白の二つの半球領域110a、110bのうち白の半球領域110bの表層に蛍光物質を含有させた。照明光の強度低下に伴うコントラスト比の低下を蛍光物質の発光により抑えることができるので、照明光の弱い薄暗い場所でもコントラスト比の大きな明確な表示を行うことができる。蛍光物質として蓄光性蛍光体を使用することにより、照明光のない暗所においても視認可能な表示を行うことができる。
 詳しくは公開公報をご覧ください。→公開公報c0036012_14274860.jpg
[PR]
by shimoochiai-hompo | 2006-01-25 13:56 | その他の発明
<< 生物由来の素材を用いた液晶デバ... 脂質二重層を備えたプロテインチップ >>