ロボットカー Robot car

人の振り見て我が振り直せ!
(株)発明屋の「ロボットカー」
★特許を受ける権利・優先権をお譲りします。★
【出願番号】特願2015-196***(クレーム数60)
【出願日】平成27年(2015)*月*日
【発明の名称】道路交通システム

 (特許請求の範囲には、道路交通システム、非ロボットカー、ロボットカー、コンピューティングシステム、コンピュータプログラム についての請求項が記載されています。)
c0036012_12475398.jpg【課題】
 他車両の経験を利用して自車両の自動運転性能を向上させ得るロボットカーを提供する。
【解決手段】
(1)ロボットカー100Aは、自車両の走行状況を認知する走行状況認知部100Aaと、他車両の運転行動情報を取得する運転行動情報取得部100Abと、走行状況認知部100Aaにより認知された走行状況に基づいて実行すべき運転操作を決定し、当該運転操作が実行されるように自動運転制御を行う自動運転制御部100Acと、自車両の運転行動情報を他車両に提供するための運転行動情報出力部100Adとを有する。
 ロボットカー100A同士が運転行動情報を利用し合うことにより、ロボットカー100Aの学習効率を高めて、自動運転性能を急速に向上させることができる。

(2)自動運転制御部100Acは、走行状況認知部100Aaにより認知された走行状況に応じた運転行動を決定する運転操作決定部103aと、運転行動情報取得部100Abにより取得した運転行動情報に基づいて、運転操作決定部1003aにおいて使用される運転操作決定関数のパラメタを調整する学習処理部103bと、を有する。
c0036012_12455839.png ロボットカー100Aは、他のロボットカー100Aの運転行動情報に基づいて運転操作決定関数のパラメタを調整する学習処理を行いつつ、走行状況に応じた運転操作を運転操作決定関数により決定する。ロボットカー100Aは、自車両が未経験の状況においても、当該状況を経験したことのある他のロボットカー100Aの運転行動を学習して自動運転制御を行うことができる。
 自動運転制御部100Acの学習処理部104aをディープ・ニューラルネットで構成することにより、将来的には人間と同じく汎用の運転知識・運転能力(強いAI)を持ったロボットカー100Aが実現される。(請求項41:ロボットカー)




 関連出願:特願2015-196***(車両共用システム)
      PCT/JP2015/80820(自動車とコンピューティングシステム)
      特願2014-150003(クラウド運ちゃん)
 いずれも未出願公開案件のため、現時点で詳細な内容をブログに掲載することはいたしません。
 

詳細については個別に対応させていただきます。

(株)発明屋に問い合わせる→MAIL


(株)発明屋は中野で唯一の発明専門商店です。


【この発明に関連する会社】
グーグル
アップル
テスラモーターズ
インテル
日立オートモーティブ
ZMP
クラリオン
ベリサーブ
北陸電気工業
日本無線
JVCケンウッド
アイサンテクノロジー
ルネサスエレクトロニクス
ドーン
ソニー
パナソニック
デンソー
東芝
アルプス電気
TDK
太陽誘電
日本セラミック
京セラ
ロボットタクシー 
Uber 
トヨタ自動車
レクサス
日産自動車
三菱自動車
ホンダ(本田技研工業)
マツダ
スバル(富士重工業)
スズキ
ダイハツ工業
いすゞ自動車
日野自動車
日産ディーゼル
三菱ふそうトラック・バス

【この発明に関連する記事】
Googleの自動運転車計画
自動運転システム実用化へ、ロボットカーが東京五輪の会場を結ぶ!


[PR]
by shimoochiai-hompo | 2015-10-06 13:53 | ロボットカー Robot car
<< ロボットカー教習システム Ro... ナタデココの正しい利用法 >>